まずは、Web求人媒体であるが、これは、インターネットの環境が整備された現在、最も広く活用されているものである。インターネット上の求人サイトは数社ある。特に新卒採用や比較的若い世代をターゲットとした採用活動に有効な手法ではないだろうか。紙媒体に比べ掲載できる情報量が多く、動画や音声なども活用することができて、文字だけでは表現できない会社の様々な特徴や、職場の雰囲気、オフタイムのお楽しみなども見て理解することができる。
情報を提供する側も、インターネット環境を利用することになるので、パソコンスキルや情報管理、インターネットに関する知識やモラルなどが相当に必要となる。また、求人サイトによっては、採用に至らなくても掲載期間やスペースに応じてコストがかかる場合や、求人情報掲載料の他に成約料が発生する場合もあるので、注意や確認が必要である。
次に、求人紙媒体であるが、現在ではフリーペーパーとなっている場合が多い。駅やコンビニに設置されている求人情報誌を、見たことのある人も多いことだろう。読者層がはっきりしているうえに、配布エリアを細かく分けて誌面を編集することができるので、地域に密着したターゲティングが可能なのである。その他、新聞の求人広告欄や折込による求人広告などもあるが、掲載スペースに限度があるため、総じて求職者に対する情報を十分に提供することは望めないだろう。また、掲載費用も媒体によっては数万円~数百万円というように大きな差があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です