求人広告を作るのには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

ここには会社の業務内容や、どのような人材が欲しいのかに関する情報を詰め込む必要があります。 それため、最も広告の個性やデザイン性、センスが発揮できる工程であると考えましょう。

しかし、この「どのような広告を出すか」から決めようとする経営者様も多いですが、「①どのように②いつ③何を出すか」という順番が大切であることを忘れてはいけません。

また、出す大きさやデザイン、コピーによって金額も異なってきますので、ここはそのような広告がより効果的かを見極める必要があります。会社の数だけ、または求める人材の数だけ、求人広告の出し方があるのです。

ある会社では若手を募集しており、始業時間も朝の4時からという特殊なものでした。しかし、それぞれにメリットを見つけ、そのメリットを上手にアピールしたところ、応募者2名のところに数十名の応募があったそうです。そのメリットというのが、近年どんどん進化していく世の中で、覚えたことも数年後にはシステムが変わりまた覚えなおさなければいけないとこが多い職種がある中、この職種は一度覚えたことは生涯使える知識になること、しかも長年続ければ続けるほど、その知識は増えていき自分の自信につながることをその仕事のメリットとして打ち出しました。また、始業時間については朝4時からなので、通勤ラッシュに巻き込まれることもなく、満員電車のストレスからも解放されるというメリットを掲げました。

このように一見デメリットと思える点をメリットとして発想を転換して押し出すことにより応募人数が大きく変化します。そして、デメリットをメリットへと転換してくれる営業マンが、求人広告業界において仕事ができる営業マンだと言えるでしょう。こういったときに営業マンがどのような対応をするのかは是非注目したいところです。

また、自身の企業を分析して一般的にデメリットと考えられることをメリットとして提案できることも非常に大切なことだと思います。良い広告を打ち出すために今一度自身の企業の分析をしてみてはいかがでしょうか。

更に、事細かく詳細を書くことはあまり良い求人広告とは言えないと考えられています。
求人者からしたら、詳細を知りたいと思うところではあるかと思いますが、仕事内容や適性年齢等を具体的に書きすぎると自分にすべてできるだろうかと不安になりあきらめてしまう人も出てきてしまう可能性があるからです。経験がなくても、上手にこなせるポテンシャルを持っている人材はいるかもしれません。その可能性を失うのは求人募集している企業としてはもったいないでしょう。求人広告に掲載する情報は上手な中途半端であるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です