求人広告を出すにあたり、掲載する内容が大切ということを先述しましたが、この内容はまさに企業ごとに異なり、千差万別です。 そのためには、経験とセンスを持つ良い営業マンと知り合い、その営業マンとしっかりと話合いをして、各企業のアピールポイントを一緒に探っていく必要があるでしょう。

自社のアピールポイントを見つけることは意外と難しいポイントです。他者からの意見を聞いて初めて気が付くこともあるはずです。自社のアピールポイントを見つけられない理由として一番大きな理由は、企業側でアピールポイントになると考えている点と、応募者側が魅力を感じる点にギャップがあるということが挙げられます。

自社の製品やサービスについては、その魅力や性能をいくらでも語ることができるかもしれませんが、 それに比べて、 自社のPRというものはなかなかする機会もなく、難しいことかもしれません。

多くの企業が苦労している自社アピールのポイント探しですが、それをつかむためのヒントがあります。 それは、自社アピールの方向性を把握することです。その方向性は大きく分けて3つあります。①企業アピール:「うちはいい会社だ」と、組織そのものをアピールする方法、②仕事アピール:仕事のおもしろさをアピールする方法③:待遇アピール:・給料がいい、休みが多いなど待遇の良さをアピールする方法、その他:先輩社員をピックアップする方法や、社長のユニークな経歴をアピールする方法。この中から、自社の特徴に合わせて方法を選択します。企業によって特徴は異なるので、ある程度の基準にはなりますが、どのような企業がどの方法が使いやすいのか、みていきましょう。

社歴の長い会社や老舗企業は、 ①の企業アピールが使いやすいでしょう。それは長く続く会社というのは、組織そのものに良さがあるはずだからです。 次にヒット商品のある会社や、急成長した会社は②の仕事アピールがおすすめでしょう。
最後に社風が明るい会社や社員がいきいきしているような会社は、待遇がいいと思われますので、 ③の待遇アピールを使うと良いでしょう。もちろんそれ以外に該当するアピールポイントがある会社もあるのでその点はじっくり営業マンと相談していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です