ここまでは中途採用において情報の出し方や自社のPRポイントの見つけ方について述べてきましたが、次に、これらの情報を若い世代へ向けてどのようにアピールしていけばいいのか、その具体的な方法を考えていきましょう。中途採用を考えている企業のほとんどが、退職後の高齢者をターゲットにしたいわけではなく、第二新卒を含め23歳1~30歳台後半ぐらいまでをターゲットにしたいと考えているでしょう。

この若い年齢層は、どこの会社も欲しがっているため、競争が厳しく、広告にも独自のノウハウが必須となるでしょう。これらの世代の転職者が最もよく利用する媒体はインターネットです。 彼らは、就職活動の際に転職サイト2大サイトの影響を強く受けており、就職といえばインターネットであるという刷り込みがあります。なので、この若い世代の人材募集においては、インターネットでの求人募集は必須といえるでしょう。

しかし、インターネットでは検索者が打ち込んだキャッチコピーにヒットしないと、広告を見てもらうことすらできません。

では、どうすれば、ネットデジタルな世界だけでは、出会えない優秀な人材に会えるのでしょうか。それは、その専門分野に特化した専門誌に求人広告を出すことです。

仮に店舗設計デザイナーが欲しい場合、インターネット広告を出す前の月に店舗設計に関係した専門誌に求人広告を出すのです。もっと、大きくしかける場合は、これらの雑誌に記事広告を載せることも一つの手段です。

専門誌を読んでいるような人は、おそらく勉強熱心でその業界にとても興味がある人材です。そういう人材にこの記事を読むことによって、会社の名前を覚えてくれるのみならず、おそらく業績が伸びている会社だという良いイメージを抱くでしょう。そのタイミングでネット広告を出すと、応募意欲を掻き立てることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です